グロンサン
TOP
グロンサン強力内服液
グロンサンゴールド錠
グロンサン商品ラインナップ
グルクロノラクトンとは?
肝臓のはたらきと疲れのメカニズム
肝臓のはたらきと疲れのメカニズム
TOP >> 肝臓のはたらきと疲れのメカニズム >> 疲労の予防と対策
1:肝臓のはたらき2:疲労の原因3:疲れと肝臓| 4:疲労の予防と対策
4
疲労の予防と対策
疲れにくくするために、日頃から運動して体力をつけましょう。
疲れの原因となる環境から、上手に気分を切り替えることも大切です。
ジョギング・水泳など適度な運動の継続
ウォーキングは手軽な有酸素運動の1つ。疲労回復や体力アップにつながります。
1日に15〜30分を目安に、週3日以上で効果があります。歩幅を大きく、腕も大きく振りましょう。
睡眠・仮眠
仕事などで神経が高ぶったままだと、寝つきも悪く、眠りも浅くなります。 ふとんに入る前に、音や光などの 刺激が少ない環境を整え、カフェインなどの刺激物の摂取も控えましょう。
日中に仮眠をとる場合は15時前の20〜30分。長い昼寝はかえってぼんやりのもとです。
食事
適度なお酒は楽しい気持ちを増加させ、ストレスを解消させる効果があります。家族や友人と語ったりしながら、雰囲気を楽しんで上手に飲みましょう。週に2日は肝臓を休めましょう。
入浴やストレッチ
熱いお湯だと交感神経を刺激したり、リラックス状態は得られにくくなります。
38〜40℃のぬるいお湯に20〜30分間ゆっくりとつかるのが、リラックス効果をあげる上手な入浴法です。
ストレッチやマッサージもリラックスに効果的です。
くすり・栄養補助
きちんと食事をしていても、不足しがちなビタミン、ミネラル。 ビタミン成分と栄養成分、生薬成分が配合されたドリンク剤やサプリメント等を活用し、上手に補給しましょう。
戻る
今日を愛する。LION
copyright